イベント案内

2019/10/02
第13回HESDフォーラム 開催申込み期限延長

第13回HESDフォーラム(11月9日、成蹊大学)の開催申込み期限を10月7日まで延長したのでお知らせいたします。

第13回HESDフォーラム実行委員会

詳細情報


2019/08/30
第13回HESDフォーラム 開催のご案内(第2報)

第13回HESDフォーラムの開催についてご案内致します。13回目を迎える今年度のHESDフォーラムは、2019年11月9日(土)に東京の成蹊学園で開催いたします。

成蹊学園では、2018年4月にサステナビリティ教育研究センター(ESDセンター)を開設し、小学校から中学・高等学校、大学までの連携によって持続可能な開発のための教育(ESD)を学園ぐるみで進めています。地域やさまざまな主体と連携して、教育・研究に取り組むことで、国連が提唱する「持続可能な開発目標 (SDGs)」の実現に向けて教育機関としての責任を果たすことを目指しています。

ESDセンターは、成蹊学園内の学校と学校を結び、また、成蹊とさまざまな学校や研究機関、市民などを結ぶハブ(拠点)としての役割を目指しています。ESDセンターが中心になり、成蹊学園の関係者による第13回HESDフォーラム実行委員会をたちあげ、準備を進めています。

ぜひ以下の日程を押さえていただき、第13回目を迎えるHESDフォーラムに多くの皆様がご参加いただくようお願いいたします。

第13回HESDフォーラム

開催日時

2019年11月9日(土)10:00~18:00

開催場所

成蹊学園 大学6号館6階
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
交通アクセスマップ:https://www.seikei.ac.jp/gakuen/info/accessmap.html

主催

HESDフォーラム(代表 立教大学 教授 阿部 治)

共催

成蹊学園サステナビリティ教育研究センター

協力

立教大学ESD研究所

事務局

第13回HESDフォーラム実行委員会
(連絡先 成蹊学園サステナビリティ教育研究センター 電話 0422-37-3480、メール event-ercs@jc.seikei.ac.jp)

プログラム(案)

09:30~10:00 受付
10:00~10:10 開催挨拶
10:10~11:50 研究・実践事例発表(1)
11:50~13:15 昼食休憩
12:30~13:00 HESDフォーラム総会
13:15~15:15 研究・実践事例発表(2)
15:30~16:30 基調講演「江戸・東京の気候変動」
成蹊大学経済学部 財城真寿美 准教授
16:45~18:00 研究・実践事例発表(3)
18:30~20:30 交流会

(注)研究・実践事例の発表については、教員、学生、生徒、児童を問いません。ご都合を確認のうえ、順番を決定します。

フォーラム参加、研究・事例発表、ポスター展示の申し込み

お申込み方法

第13回HESDフォーラム 参加・発表申込書」(Word形式ダウンロード)に必要事項をご記入の上、メールに添付しご送付ください。

申込書送付先

event-ercs@jc.seikei.ac.jp

お申込み締切

9月27日(金)17時

発表資料の印刷について

原則1ページ(最大2ページ・両面印刷)、白黒印刷といたします。10月18日(金)17時までに、event-ercs@jc.seikei.ac.jp宛にお送りいただいた資料は、事務局で印刷いたします。
それ以降にご用意いただいた資料は、ご自身で印刷のうえお持ちください。

◎ポスター展示、資料配布の詳細については、希望された方に後日ご連絡します。

参加費

無料

交流会費

2,000円~3,000程度の見込み(当日現金払い)

詳細情報


2019/08/02
第13回HESDフォーラム開催案内

第13回HESDフォーラムの開催についてご案内致します。13回目を迎える今年度のHESDフォーラムは、2019年11月9日(土)に東京の成蹊学園で開催いたします。

成蹊学園では、2018年4月にサステナビリティ教育研究センター(ESDセンター)を開設し、小学校から中学・高等学校、大学までの連携によって持続可能な開発のための教育(ESD)を学園ぐるみで進めています。地域やさまざまな主体と連携して、教育・研究に取り組むことで、国連が提唱する「持続可能な開発目標 (SDGs)」の実現に向けて教育機関としての責任を果たすこととしています。

ESDセンターは、成蹊学園内の学校と学校を結び、また、成蹊とさまざまな学校や研究機関、市民などを結ぶハブ(拠点)としての役割を目指しています。ESDセンターが中心になり、成蹊学園の関係者による第13回HESDフォーラム実行委員会をたちあげ、準備を進めています。

今回が初回告知になります。今後、より詳しい開催案内が出されますが、ぜひ以下の日程を押さえていただき、第13回目を迎えるHESDフォーラムに多くの皆様がご参加いただくようお願いいたします。

第13回HESDフォーラム

開催日時

2019年11月9日(土)10:00~18:00

開催場所:成蹊学園 大学6号館6階

〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
交通アクセスマップ

主催

HESDフォーラム(代表 立教大学 教授 阿部 治)

共催

成蹊学園サステナビリティ教育研究センター

事務局

第13回HESDフォーラム実行委員会
(連絡先 成蹊学園サステナビリティ教育研究センター 電話 0422-37-3480、メール event-ercs@jc.seikei.ac.jp)

プログラム(案)

09:30~10:00 受付
10:00~10:10 開催挨拶
10:10~12:10 学生・児童生徒による発表
12:10~13:30 昼食休憩
12:45~13:15 HESDフォーラム総会
13:15~15:15 研究・実践事例発表(大学教員等による発表)
15:30~16:30 基調講演「江戸・東京の気候変動」
成蹊大学経済学部 財城真寿美 准教授
16:45~18:00 研究・実践事例発表(続)
18:30~20:30 交流会

フォーラム参加、研究・事例発表、ポスター展示の申し込み

各申し込みの詳細については、8月末にご連絡いたします。

参加費

無料

交流会費

2,000円(当日現金払い)

詳細情報


2018/10/12
HESDフォーラムでの発表の募集延長

10月20日(土)のHESD分科会(15:30~)、および10月21日(日)のHESDフォーラム研究・事例発表(10:30~)での発表者を募集しております。

10月14日(日)までに、発表者名、ご所属、ご発表希望日、発表タイトル、発表要旨(200文字程度)、および下記「参加登録票」を hesd2018@gmail.com までメールでお送りください。ちなみに、当日の発表時間は15分~20分程度を予定しております。

また、発表されない方の参加登録は、14日以降も受け付けておりますので、多くの方 が参加くださるよう、hesd2018@gmail.comまで参加登録をお願いいたします。


2018/07/11
第12回HESDフォーラム開催案内

12回目を迎える今年度のHESDフォーラムは、平成30年10月20日(土)、10月21日(日)の両日、北九州市で実施致します。ご存知のように北九州市は、過去の深刻な公害被害を克服することで、アジアで初めてOECDによる「グリーン成長モデル都市」に選ばれたのをはじめ、国の「環境未来都市」にも選定されている都市であります。今年のHESDフォーラムでは、環境に対し、積極的な取り組みを行ってきた北九州市において、更なる「持続可能な社会」のあり方や次世代人材の育成などについて皆様と考えていきたいと思っています。

また、今回のフォーラムでは、北九州市にて毎年開催されている『東田サステイナブル国際会議』との共催を予定しています。『東田サステイナブル国際会議』は、「持続可能な社会の実現」を目指し活動されている北九州市のNPO法人、「里山を考える会」が主催する国際会議で、毎年異なるコンセプトから「サステイナブル」を考えるとともに、海外からの有識者や留学生を招いたシンポジウムやワークショップを実施するなど、グローバルな視点でサステナビリティ―やESDを実践されているものであります。

今年の『東田サステイナブル国際会議』では、「若者×生物多様性×サステイナブル」というテーマが設定され、地元の高校・大学において優れた活動を行っている生徒・学生を招き、実践事例の発表を行ってもらうことになっています。

今回、HESDフォーラムが北九州市で開催されるのを機に、同じビジョンを持つ両者が交流し、お互いのさらなる発展のために共催を目指すことになりました。HESDフォーラムの皆様におかれましても、研究成果のご発表やシンポジウム、ワークショップなどを通じて、この持続可能な社会の実現に向けた「世代と国境を越えた知的交流」にご参加いただければと思います。

第12回HESDフォーラム

開催日時

平成30年10月20日(土)13:00~18:00、21日(日)9:30~15:30

開催場所

メイン会場
北九州市八幡東区東田 北九州イノベーションギャラリー

サブ会場
北九州市立いのちの旅博物館(交流会会場)、北九州市立環境ミュージアム(ワークショップ会場)、東田エコハウス(ワークショップ会場)

主催

HESDフォーラム(代表 立教大学 教授 阿部 治)

共催

東田サスティナブル国際会議実行委員会

事務局

第12回HESDフォーラム実行委員会

事務局連絡先
北九州市立大学地域共生教育センター/同大学 地域貢献・研究支援課
電話 : 093- 964 - 4194(担当:小嶺)・メール: hesd2018@gmail.com

プログラム

10月20日(土)(1日目)

12:30 受付
13:00 開催挨拶
13:15 基調講演
13:45 事例発表 (地元高校・大学生らによる発表) 
16:00 ワークショップ(参加者によるワークショップ。教員によるファシリテート) 
17:00 交流会(「いのちの旅博物館」内での特別交流会)
18:30 1日目終了 
      

10月21日(日)(2日目)

9:30 HESD総会
10:30 研究・実践事例発表(大学教員・大学生らによる発表)
13:30 スタディ-ツアー:北九州水素タウン、環境ミュージアム 地球の道(希望者)
15:30 閉会
   

研究・事例発表の申し込みについて

報告者氏名・所属・職名・連絡先(メールアドレス)・報告題目・要旨・発表希望日を下記の申込書に記載し、事務局にメールにてご連絡ください。(学生よる報告の場合は、指導教員名も記載してください)

フォーラム参加申し込み

お名前、ご所属、職名、参加希望日(発表・交流会・スタディツアーを含む)を下記の申込書に記載し、事務局にメールにてご連絡ください。

今後のスケジュールについて

  • 9月28日(金)17時 参加発表登録締切
  • 10月12日(金)17時 発表者資料提出締切(発表用pptでも可)

【登録票および発表資料の送付先】

参加・発表登録票

  • 締切:2018年9月28日(金)17時
  • 送付先:hesd2018@gmail.com (第12回HESDフォーラム実行委員会事務局)
  • 要旨:参加・発表登録票に200-300字程度の発表要旨をご記入ください。

発表者資料

  • 締切:2018年10月12日(金)17時
  • 送付先:hesd2018@gmail.com (第12回HESDフォーラム実行委員会事務局)
  • 備考:期限までに提出された資料は事務局で印刷配布いたします。それ以降にご用意された資料はご自身で印刷物をお持込ください。

資料作成について

  • マージンを上下左右約20cmお取りください。形式は問いません。白黒印刷です。
  • 文章の場合、表題は14ptゴシックで、文章は10.5pt明朝を目安にお書きください。
  • パワーポイントの場合は、一頁6枚を基本とさせていただきます。文字が見えるよう作成してください。印刷用に提出されるスライド枚数は12枚以内としてください。
  • 原則1ページ(最大2ページ)とさせていただきます。

参加費(当日現金払い)

一般:2,000円、学生:1,000円(高校生については助成あり)、交流会(無料)

ポスター展示について

会場に、ポスター掲示・資料配付及び展示できるところも用意しています。

詳細情報


2017/10/06
第11回HESDフォーラム(10月7日(土)、8日(日))開催案内

教育機関が、ESD 実践等に関する様々な情報の交換を行い、ESD の質の向上を図ることを目的として設立された HESD フォーラムも本年度で 11回目を迎えることになりました。

「国連 ESD の 10 年」の次のステップとして推進されているグロースバルアクションプログラムも 3 年目を迎え、国内的には文部科学省、環境省の主導の下で ESD 推進ネットワークの構築が進められ、昨年 4 月には ESD 活動支援センター(全国センター)が開設され、本年 7 月からは全国 8 ブロックに地方 ESD 活動推進センターが順次立ち上げられつつあります。また、本年 4 月には日本 ESD 学会も設立されました。2030 年のあるべき社会を目指す「持続可能な開発目標 Sustainable Development Goals: SDGs)」の達成に向けた人づくりに果たす ESD の重要性に関する認識もますます深まりつつあります。 このように ESD の推進に向けた各種の動きが活発化する中、本年度の HESD フォーラムが下記の通り立命館大学で開催されることになりましたのでお知らせいたします。 ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加いただければ幸甚です。

第11回HESDフォーラム参加者の皆様へ

大変遅くなりましたが、以下の通り、HESDフォーラム2017でのHESDフォーラム総会の案内を掲載いたしますので、ぜひご参加くださるようお願いいたします。

第11回HESDフォーラム総会 議事次第

日時

平成29年10月8日(日)9:00~9:50

場所

立命館大学びわこ・くさつキャンパス コアステーション2F 大会議室

議事次第

9:00~9:05 開会挨拶:立教大学 阿部 治会長
9:05~9:20 HESDフォーラムの歴史的展開:沖縄大学 大島順子教授
9:20~9:30 補足 HESDフォーラムを巡る事務的な事項:金沢大学 鈴木克徳
9:30~9:50 質疑、意見交換
9:50 閉会:第11回HESDフォーラム実行委員長 佐藤圭輔教授
   

お問い合わせ

HESDフォーラム事務局 金沢大学 鈴木克徳
Tel/Fax: 076-264-5811 E-mail: suzukik@staff.kanazawa-u.ac.jp

詳細情報


2016/10/11
第10回HESDフォーラム(10月29日(土)、30日(日))開催案内

第10回HESDフォーラムが10月29日(土)、30日(日)にかけて開催されます。HESDフォーラムは、大学等高等教育機関でESDを推進する人たちで構成されるフォーラムで、毎年開催されています。今年のHESDフォーラムは札幌の北海道大学で開催されますので、ご案内いたします。本年度も、昨年度に引き続き、ESDに取り組む学生によるセッションを設けます。 直近になり大変申し訳ありませんが、参加申込締切日は10月14日(金)、 要旨提出締切日は10月21日(金)です。 皆様のご参加をお待ちしています。

[詳細情報]

第10回HESDフォーラムの開催について

本年度のHESDフォーラムは、下記の日程で北海道大学にて開催いたします。グローバルアクションプログラム(GAP)国内実施計画の策定、ESD活動支援センター(全国センター)の立ち上げ等、ESDのセカンドステージに向けた各種の取り組みが進められつつあります。ESDの推進に向けて日本の高等教育機関において何ができるか、何をすべきかについて経験や意見を交換する良い機会をもてればと思います。本年度は、初日には北海道大学サステナビリティ・ウィーク10周年記念国際シンポジウムに合流するとともに、総会を開催します。2日目には、各大学の取り組みの発表に加え、昨年度に引き続きESDに取り組む学生セッションを行います。また、「SDGsへ貢献する高等教育のあり方について」の対談を企画します(北海道大学サステナビリティ・ウィークについては以下のウェブサイトをご参照ください)。

北海道大学サステナビリティ・ウィーク:http://sustain.oia.hokudai.ac.jp/sw/2016/jp/
10周年記念国際シンポジウム:http://sustain.oia.hokudai.ac.jp/sw/2016/jp/sdgs/

日時: 平成28年10月29日(土) 13:00-18:00
           30日(日)   9:30-13:45

会場:北海道大学札幌キャンパス学術交流会館

〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西5丁目 Tel:011-716-2111(代表)

プログラム:別添のとおり

会場に、ポスター掲示・資料配付及び展示できる場所を用意いたしますので、活動紹介の機会としてご活用下さい。なお、展示を希望される場合には事前にお申し込み下さるよう宜しくお願いいたします。

連絡先:実行委員会全体窓口:鈴木克徳
    金沢大学国際基幹教育院
    Tel/Fax: 076-264-5811
    E-mail: suzukik@staff.kanazawa-u.ac.jp

実行委員会:現地世話人:武村 理雪
      北海道大学サステナビリティ・ウィーク事務局
      Tel: 011-706-8031/8036
      E-mail: r-takemu@oia.hokudai.ac.jp

HESDフォーラム活動報告資料作成について

※発表するか否かに関係なく掲載可です
 活動報告の要旨を当日の配布資料として準備いたしますので、以下の作成要領を参考に作成ください。

活動報告要旨作成要領

  • マージンを上下左右約20cmお取りください。形式は問いません。
  • 文章を書かれる際は、表題は14ptゴシックで、文章は10.5pt明朝を目安にお書きください。
  • パワーポイントを貼り付ける場合は、一頁6枚を基本とさせていただきますので、読めるようにお書きくださるようお願いします。
  • 要旨は、原則1ページ(最大2ページ)とさせていただきます。

 ※提出締切:10月21日(金)

 ※提出先:鈴木克徳/秋田真利子

      金沢大学国際基幹教育院
      Tel/Fax: 076-264-5811
      E-mail: 鈴木克徳  suzukik@staff.kanazawa-u.ac.jp
          秋田真利子 makita@staff.kanazawa-u.ac.jp

第10回HESDフォーラム2016プログラム
第10回ESDフォーラムin札幌【案内-参加申込書】


2015/10/21
第9回HESDフォーラム(11月21日(土)、22日(日))開催案内

第9回HESDフォーラムが11月21日(土)、22日(日)にかけて開催されます。HESDフォーラムは、大学等高等教育機関でESDを推進する人たちで構成されるフォーラムで、毎年開催されています。今年のHESDフォーラムは沖縄の琉球大学で開催されますので、ご案内いたします。本年度は、従来の事例報告に加え、ESDに取り組む学生によるセッションを設けます。
参加申込締切日は10月30日(金)、 要旨提出締切日は11月11日(水)です。 皆様のご参加をお待ちしています。


[詳細情報]
第9回HESDフォーラム(11月21日(土)、22日(日))開催案内

日頃よりお世話になっております。本年度のHESDフォーラムは、既に開催予告でご案内差し上げていた通り、11月21日(土)、22日(日)にかけて琉球大学にて開催いたします。昨年度のESDに関するユネスコ世界会議の成果を踏まえ、本年度はESDのセカンドステージに向けた取り組みが求められています。国連で決議されたESDグローバル・アクション・プログラムを進める中、ESDの推進に向けて日本の高等教育機関において何ができるか、何をすべきかについて議論する良い機会をもてればと思います。
また、本年度は、従来の事例報告に加え、ESDに取り組む学生によるセッションを設けます。
ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加いただければ幸甚です。

日時: 平成27年11月21日(土) 13:00-17:30
                             22日(日)  9:30-13:00
会場:琉球大学西原キャンパス(〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地)
         http://www.u-ryukyu.ac.jp/univ_info/general/access/index.html
         主会場は、法文学部・観光産業科学部の新棟1階114教室 主催:HESDフォーラム
協力:琉球大学施設運営部エコロジカル・キャンパス推進委員会企画部会
参加費:無料 ※資料代として数百円を徴収させて頂く場合があります。
    懇親会費は、現在調整中です。
参加申込締切日:10月30日(金)
発表する場合の要旨提出締切日:11月11日(水)

プログラム(案):
【1日目】
   12:30 受付
   13:00 開会挨拶
   13:05 HESDフォーラム代表挨拶
   13:15 基調講演
   14:00 シンポジウム
             『これからのHESDの未来 -ESDと地域創生に必要とされる力』(仮題)
   16:30 HESD総会
   17:30 終了 (終了後、学外の懇親会会場へ移動)
   18:00 懇親会

【2日目】
   9:00 受付
   9:30 ESD事例報告(口頭)
   11:00 学生セッション(口頭)
   12:30 総括
   13:00 閉会
※ESD事例報告と学生セッションは以下の二つ方法で行います。
  ① パワーポイントを使った口頭発表
  ② ポスター展示発表:受付後の時間や休憩時間等を利用してご説明お願いします。

会場に、ポスター掲示・資料配付及び展示できる場所を用意いたしますので、活動紹介の機会として積極的にご活用下さい。なお、スペースが限られていますので、予定される場合は事前にお申し込み下さるよう宜しくお願いいたします。

申し込み/連絡先:
■実行委員会世話人代表(事務局) 大島 順子
 琉球大学観光産業科学部 環境教育研究室
   〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町千原1番地
   電話/ファックス:098-895-8211
   E-mail: hesdforum2015@gmail.com(開催事務局専用アドレス)
               Joshima@tm.u-ryukyu.ac.jp(大島順子)
   当日連絡先(携帯):090-6122-8279
   第9回ESDフォーラムin沖縄【参加申込書】


2015/07/29
第9回HESDフォーラムの開催について(開催予告)

 風薫る新緑の季節、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
昨年度のESDに関するユネスコ世界会議の成果を踏まえ、本年度はESDのセカンドステージに向けた取り組みが求められています。国連で決議されたESDグローバル・アクション・プログラムを進める中、ESDの推進に向けて日本の高等教育機関において何ができるか、何をすべきかについて議論する良い機会を持てればと思います。
 本年度は、従来の事例報告に加え、ESDに取り組む学生によるセッションを設けます。
 ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加いただければ幸甚です。

■日時: 11月21日(土) 13:00-17:30
       22日(日) 9:30-13:00

■会場:琉球大学西原キャンパス(〒903-0213沖縄県中頭郡西原町字千原1番地)
    http://www.u-ryukyu.ac.jp/univ_info/general/access/index.html

■主催:HESDフォーラム

■プログラム(案):

【1日目】
13:00開会
13:05開催大学からの挨拶
13:15基調講演
14:00シンポジウム『これからのHESDの未来 -ESDと地域創生に必要とされる力』(仮題) 
16:30HESD総会
17:30終了
18:00懇親会

【2日目】
9:30ESD事例報告
11:00学生セッション
12:30総括
13:00閉会

■資料:第9回ESDフォーラムin沖縄【開催予告】(Word形式)

■連絡先:
(実行委員会世話人:大島 順子)
〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町千原1琉球大学観光産業科学部 環境教育学研究室
電話/ファックス:098-895-8211
電子メール(大島順子):Joshima@tm.u-ryukyu.ac.jp
電子メール(開催事務局専用アドレス):hesdforum2015@gmail.com